シェルノサージュ offline ~失われた星へ捧ぐ詩~ AGENT PACK (初回特典イオン巫女衣装「水鏡」ダウンロードコード同梱)
  twitter
RSS

真かまいたちの夜 11人目の訪問者 – 原点回帰の雪山ペンション

かまいたちの最新作。 PS3版とPSVita版がありますがどちらも変わりはない模様。

Sponsored Links


ということで簡単なあらすじを紹介しますと、いつものように雪山のペンションにやってきたら10人のはずの宿泊客が11人いて、いきなり殺人事件が起きてきっと11人目が犯人なんだ!的な流れになるテンプレミステリー。 Vitaちゃんの弊害か謎のお触り選択肢というものが増えましたが、これで選択肢出現のフラグが立ったり立たなかったりするのでかなり重要。

時間経過で選択肢が変化するCHANGE選択肢もありますが、あんまり時間経過させる意味を感じないことも多い。

今は読了率90%で金の栞まで取ったんですが、間違いなく一番面白いのは本編ではなく妖怪篇。 今作から人物に声優がついたんですがフルボイスではなくところどころ重要な場面だけ喋るんですが、何故か妖怪篇だけは完全フルボイス。 しかもシナリオがめちゃくちゃでそれなのに声優の演技が面白いという。 中村、杉田、緑川、藤原啓治、植田、花澤(敬称略)という豪華メンツが暴れてるだけで面白い。 かまいたちとしてはどうなのかと言われるだろうけど、とにかく笑ってしまったんだから認めざるをえない。

みんなでかまいたちというオンライン要素もあるみたいですが、開始までの待機時間が長いみたいで未だにプレイ出来ず。 アバターなどもゲーム内ポイントで購入出来るんですが、画像のように428のタマやシレン、ゲームの金八先生のキャラとかチュンソフトのキャラが選べる。 無駄に凝ってますが実際のゲーム内容はシステムを見る限りはそこまで何回もプレイさせる要素がないように感じる。

とにかく、本編はまぁ悪くはない。 在り来たりながらもしっかりとした構成。 意外性も多少ある。 それでも、妖怪篇のインパクトが大きすぎて他の話は完全に頭から飛んでしまった。 それとピンクの栞がDLCということなので、それががっかり。 確実に人気があると分かってる部分を別途有料化するのは少し違うと思う。 それでもいつも通りのかまいたちではあると思うので、シリーズファンの方にはオススメ出来る。

« | Home | »

コメントする





コメント

No comments.

  • カテゴリ

    open all | close all
  • タグクラウド

  • プロフィール


    ・かいてるひと: じゅりゅー
    ・ないよう: ゲームの日記やレビュー、最新情報を不定期更新。
    ・めーる:  infoあっとzyuryu.com

     当サイトで使用している
     画像,動画の著作権などは権利者様に帰属致します。
     問題がありましたら上記メールアドレスまでご連絡下さい。
     基本的にリンクフリーです。