シェルノサージュ offline ~失われた星へ捧ぐ詩~ AGENT PACK (初回特典イオン巫女衣装「水鏡」ダウンロードコード同梱)
  twitter
RSS

DARK SOULS その1 – 理不尽を超えた本当の理不尽

ついにやってきてしまったデモンズソウルの続編。 「だー!糞!!売る!!!」のタイトルは伊達じゃない。

Sponsored Links


キャラクターメイクを適当に終わらせプレイを開始したら、

アイアムゾンビ!
今までのソウル体って概念が無くなって、生身かゾンビの2種類になってしまった。 人間性ってアイテムがあれば復活出来るんですが、普通にプレイしててもほとんど入手出来ない。 店売り?はしてるようなんですが基本的にゾンビモードが日常。

今作では篝火というシステムが生まれ、セーブポイント的な役割を果たしている。 死亡した場合は全ソウルを失うもののここから復活するため、篝火が近くにあるときの安心感と、奥へ進めど篝火が見つからないときの不安感が相反してとても面白くなっている。

相変わらずどころかデモンズ以上にボスも雑魚も強くなってて胃が痛い。 敵の種類もかなり多くなっているため、初見で何してくるか分からない恐怖感も良い。

現在18時間ぐらいプレイして、レベル33。 正直心が折れそう。 敵が強いし、ゴールがボスじゃないもんだから、先に進むことの恐怖感が半端ない。 そしてデモンズと違ってステージ数が分からないマップが全部つながってるシステムになったから、ゴールが見えない絶望感も本気出してる。

デモンズは序盤が一番キツい感じだったけれど、ダークソウルはどこまで行ってもキツい感じがある。 難しいけどその分倒せたときや先に進めたときの達成感はかなりのもの。 前作やってなくても問題ないので、理不尽とも言える難易度を求める方は是非挑戦を。

DARK SOULS (ダークソウル)(特典なし)
フロム・ソフトウェア (2011-09-22)
売り上げランキング: 3

« | Home | »

コメントする





コメント

No comments.

  • カテゴリ

    open all | close all
  • タグクラウド

  • プロフィール


    ・かいてるひと: じゅりゅー
    ・ないよう: ゲームの日記やレビュー、最新情報を不定期更新。
    ・めーる:  infoあっとzyuryu.com

     当サイトで使用している
     画像,動画の著作権などは権利者様に帰属致します。
     問題がありましたら上記メールアドレスまでご連絡下さい。
     基本的にリンクフリーです。