シェルノサージュ offline ~失われた星へ捧ぐ詩~ AGENT PACK (初回特典イオン巫女衣装「水鏡」ダウンロードコード同梱)
  twitter
RSS

アリス マッドネス リターンズ その1 – 狂い狂った不思議の国

有名な不思議の国のアリスの主人公が、火事により家族を失い重い精神疾患を患ってしまって、不思議の国もかなり狂っちゃったゲームのまさかの続編。 独特な世界観に惹かれて購入。

Sponsored Links


前作をプレイしてないんですが、動画サイト等でおおまかなあらすじは知っておけば普通に楽しめる。 上の2枚の画像のように現実パートと不思議の国パートに分かれていて、現実的なグラフィックとメルヘンなグラフィックのコントラストがとても良い雰囲気を出している。

不思議の国では、原作のように小さくなることが可能。 いつでも自由に小さくなれるので、上のように小さい入口に入ることが出来る。 しかも、小さくなると普段は見えないものが見えてくるとのことで、ヒント的な矢印や絵、他にも見えない足場など色々な情報を得ることが出来る。

今作の敵は上のようなカオナシもどきタイプと、不思議の国のキャラタイプの二種類がいる模様。 新しい敵が登場するたびに画像みたいに名前つきで登場イベントがあるので名前を覚えられて良い。 こういう細かい点で工夫を感じる。

メインの武器は血塗られたナイフ!
色々な武器が手に入るけれどやはり主体はナイフになる。 目にも止まらない連撃を繰り出せるアリスちゃんは間違いなくその道のプロ。

ペッパーミル型マシンガン!
超遠距離まで届く優れものだけど威力は低め。 発射中は右上のゲージが溜まっていき、満タンになるとオーバーヒートして数秒間使えなくなる。

武器は道中で拾える歯を消費することでアップグレード可能。 アップグレードするごとに武器の外観も変わっていって段々禍々しくなっていく。

まさかの時計うさぎ型時限爆弾。 時限爆弾なのにリモート爆破も可能で、壊せる壁を爆破したり、スイッチの上に重りとして置いたりと高性能。 これが凄い便利。 戦闘でこれを使うと使わないでは難易度が大きく変わってくる。 何が便利ってなんとこのうさぎさん、囮として使えるんです! ある程度の耐久力もあって壊されても爆発してダメージを与えられる。 しかも敵の防御を破ることも出来て多機能すぎて困る。 ほんとに重要なアイテム。 

あと本作には高性能な回避が存在して、アリスちゃんが体を蝶にして短距離ワープすることが出来ます。 移動中は完全無敵な上に連打可能。 回避とうさぎさん爆弾を上手く使うことが戦闘を切り抜ける鍵。

左上にある薔薇が体力ゲージの代わりなんですけど、薔薇が一個になるとヒステリーモードに入ることが出来る。 ヒステリーモード中は完全無敵な上に攻撃力もアップして起死回生を狙える。 狙えるんだけど薔薇一個ってのが微妙な条件で発動する前に死んでしまうことも多々。

戦闘パートとアクションパートが半々くらいの割合。 アクションパートは通じる分からないけど、ラチェット&クランクのアクションに似ている。 狭い足場をギミックを利用してひたすら進んでいく感がそっくり。 なんとアリスちゃんは三段ジャンプすることが出来る上にホバリングまで出来る。 ついでに、アリスちゃんの衣装はステージ毎に雰囲気のあったドレスに変わって素晴らしい。 アリスちゃんのかわいさがモチベーションの一つになる。

本筋のルート以外の隠しルートや隠しアイテムも多めで、そういう要素が好きな方は結構楽しめると思う。 嫌いな人は真っ直ぐ進んでも多分問題ない。

6時間くらいやったけど、今のところは雰囲気だけで楽しい。 誰もが知ってる不思議の国のおなじみのキャラがグロテスクかつリアルにリデザインされた姿はとても魅力的。 一応CERO Zなので、敵の首は飛ぶし、ステージによってはグロテスクな表現もあるので、そういう耐性がある人向け。 どういう風な結末になるのか全く想像出来ないので最後まで楽しみ。

アリス マッドネス リターンズ【CEROレーティング「Z」】
エレクトロニック・アーツ (2011-07-21)
売り上げランキング: 34

« | Home | »

コメントする





コメント

No comments.

  • カテゴリ

    open all | close all
  • タグクラウド

  • プロフィール


    ・かいてるひと: じゅりゅー
    ・ないよう: ゲームの日記やレビュー、最新情報を不定期更新。
    ・めーる:  infoあっとzyuryu.com

     当サイトで使用している
     画像,動画の著作権などは権利者様に帰属致します。
     問題がありましたら上記メールアドレスまでご連絡下さい。
     基本的にリンクフリーです。